スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念的中/修正力を強くする 

当然のことだが、修正力の前提は、まず自分の状態がいいか悪いのかの判断する能力、つまり状況に対する自覚力がなければいけないと思う。それは勝っているからいい、負けているから悪いという結果からの判断ではなくて、勝ち負けや戦状にかかわりなく、自分の状態を的確に掴めるかどうかということになる。高いレベルの人は、『これは直さなければいけない』ということを素早く直感することができる。そうして早めの修正をすれば、もとのいい状態を保ったり、仮に悪い状態に入っても、まもなく修正することができる。

現代人は、こうした修正力が非常に弱くなっているように思う。それは毎日の生活の中で、ものを直すという行為を忘れてしまっているからではないだろうか。大量生産大量消費の時代、時計やテレビの故障を直してもうらおうと頼みに行くと、あろうことか『買ったほうが安いですよ』と言われてしまう世の中では、直すことの意味や価値がなくなってしまったのだ。最近ではカーナビというものがあり、ますます人間の方向感覚や軌道修正する能力が欠落してしまった。昔の人はそうした能力があった。月や太陽を見て自分の位置や行き先を察したり、雲や木々や動物の様子を見て明日の天気が分かる生活をしていた。当然、それは道や天気を知るだけでなく、人間を知る力でもあった。そして、自分自身を知る力でもあった。最近は信じられないような犯罪が多発しているが、文明の発達とともに、生きる力を失ったからではないだろうか。


良くも悪くも再開した途端様々なメールが届くようになる。さらにワンポイント作戦が機能しないと、これまた嫌がらせも多いから不思議でならない。断っておくが、ワンポイント作戦はあくまでもワンポイントであり、皆さんの後押しとしや参考になればという考えで列記していることを理解してほしい。また、会員の皆さんには、開催週迷惑をかけしてしまい申し訳ありませんでした。まだまだ納得はいきませんが、先週は何とか面目を果たせることができたように思ってます。特に、新潟3レース、13番ワールドリーダー 2着/複勝390円。そして、函館記念は、11番フィールドベアー 2着/複勝160円、馬連/1,830円(ワイド含む)4点にて的中。負けを最小限に押さえ、勝つときは大儲け、その逆だけは避けなければならない。


外人騎手、ダグラスホワイトの件で何人もの方々からメールをいただいた。決して出し惜しみをしている訳ではない。皆さんに気づいてほしい。そして、気づいた人に喜んでもらえたらという、サービス精神から遠まわしの言い方になってしまった。正直、ここでは公表したくないが、大サービスである。

【 函館メインは、前後のレースのダグラス・ホワイトの同一馬番を黙って買え 】
7/05(土)
10レース
08番タカラシャフト 騎手ダグラス・ホワイト

11レース 大沼ステークス
08番メイショウサライ 2着 複430


7/06(日)
11レース 函館スプリントステークス
06番キンシャノキセキ 1着 単180円/複120

12レース 
06番メイショウレガーロ 騎手ダグラス・ホワイト


7/12(土)
10レース 
11番ネオスピリッツ 騎手ダグラス・ホワイト

11レース 津軽海峡特別
11番フウランジョー 12着


7/13(日)
10レース 
03番ソウルストライカー 騎手ダグラス・ホワイト

11レース 巴賞
03番ピサノパテック 3着 複190


7/19(土)
08レース 
09番ラインステッチ 騎手ダグラス・ホワイト

09レース STV杯
09番ワイキューレ 1着 単400円/複160


7/20(日)
09レース マリーンステークス
11番トーセンブライト 1着 単1,700円/複230

10レース 
01番(循環11番)チャイコフスキー 騎手ダグラス・ホワイト


7/26(土)
騎手ダグラス・ホワイト騎乗なし。


7/27(日)
09レース 函館記念
11番フィールドベアー 2着 複160

10レース 
11番コアレスストーム 騎手ダグラス・ホワイト


どこかで大きい配当が出ることを期待したい。。。
スポンサーサイト

函館記念ワンポイント作戦/今はダメでも何とかしなければ…と考えられる強さ 

『 今はダメでも何とかしなければと考えられる強さ 』
自然はいつも刻々と変化している。雨の日もあれば晴れの日もある。冬が終われば春がくる。こういう変化の中で生かされているのが、我々人間である。変わりたいかどうかという話の前に、絶えず変化している中で生きていくしかない。寒い日も暖かい日も生きていかなければならないのと同じように、馬券が思うように当たるときも当たらないときも、同じように受け入れればいい。馬券が当たらないからといって『これじゃあ、やっていけない。早く誰か何とかしてくれ』という不満は、自分の都合だけでものを考えている人のセリフなのである。運がいいのも悪いのも同じ。両方あるのが自然だし、両方あるのが自分なのだ。五分と五分でいいことも悪いこともやっていくのだから、悪いほうの五分を大きくしないように努力するしかない。それが分かっていれば、ついているときにいい気になることもないし、ついていないときにジタバタしたり落ち込んだりすることもなくなるはずである。

中々ワンポイント作戦を列記できない状況にも拘わらず、プロキオンSでのワンポイント作戦が実を結び、多くの方々から的中報告をいただきました。時間的に厳しい状況ではありますが、今後もなるべくご希望に応えていきますので、どうぞ参考になさってください。改めて、的中の皆さんおめでとう。


【 函館記念ワンポイント 】

『 函館メインは、例外なく馬名三段目『 ノ 』の隣馬が連対 』

6/22 函館11レース HTB杯
12番イチゴイチエ 3着
13番ハギエアロ

6/28 函館11レース 竜飛崎特別
07番エドドリーム
08番ストームタイガー 2着

7/05 函館11レース 大沼ステークス
03番キクアロー
04番キングトップガン 3着

08番メイショウサライ 2着
09番ハギトリオンフォ

7/06 函館11レース 函館スプリントステークス
05番コパフウジン
06番キンシャサノキセキ 1着

08番キングストレイル 3着
09番タニマティーニ

7/12 函館11レース 津軽海峡特別
09番ヒシカツリーダー 1着
10番エドドリーム

7/13 函館11レース 巴賞
02番タニハイクレア
03番ピサノパテック 3着

08番フィールドベアー 1着
09番マヤライジン 2着
10番ニシデュー

7/19 函館09レース STV杯
04番ジャングルテクノ 3着
05番ユキハリケーン

7/20 函館09レース マリーンステークス
03番キクアロー
04番アドマイヤスバル 3着
05番ハギトリオンフォ
06番フェラーリピサ 2着
07番サトスローン

函館記念に登録のある、ピサノパテックの隣馬には注目してほしい。


『 日曜メイン、1着枠の2つ隣枠が次週連対 』

6/22(日) 函館11レース HTB杯 1着-6枠

6/29(日) 函館11レース 函館日刊スポーツ杯
4枠04番メイショウバレーヌ 2着

6/29(日) 函館11レース 函館日刊スポーツ杯 1着-7枠

7/06(日) 函館11レース 函館スプリントステークス
1枠01番トウショウカレッジ 2着

7/06(日) 函館11レース 函館スプリントステークス 1着-3枠

7/13(日) 函館11レース 巴賞
5枠08番フィールドベアー 1着

7/13(日) 函館11レース 巴賞 1着-5枠

7/20(日) 函館09レース マリーンステークス 
7枠11番トーセンブライト 1着

7/20(日) 函館09レース マリーンステークス 1着-7枠

7/27(日) 函館09レース 函館記念
6枠/8枠連対候補


公開はできないが、外人騎手である、ダグラス・ホワイトにも注目したら面白いサインの発見ができるはずだ。

プロキオンSワンポイント作戦/確実に負ける賭け方とは 

『 ボックス/流し馬券は得か、損か 』
ボックス買いとは、たとえば、ある評価基準によって『次のレースが10頭中、特に3頭の争いになるだろう』と予想したとき、取り合えず3頭のうちいずれか2頭が1着2着になる全種類の馬券を買うこと。そしてどの組み合わせでも配当を受け取るようにするという買い方である。つまり、連勝複式馬券の『A-B』『B-C』『A-C』の3種類を買えば、どの2頭が1着と2着なっても配当が得られることになる。但し、3頭に絞れればの話しであるが…。この場合、『A-B』が的中、配当が5倍程度だとして、3,000円の投資(1,000円×3種類)なら、5,000円にしかならない。5倍の馬券を的中させたにもかかわらず、全体の儲けは1.67倍にしかならない。それなら1頭に絞って、複勝で確実に儲けたほうが賢いと思うのは私だけだろうか…。ボックス馬券にしろ、『ついでに、これとこれも押さえよう』などと書き込んでいる流し馬券にしろ、全て同じことである。沢山買えば的中する確率は増大するが、その分投資額に対する回収率が悪くなり、結局回数(レース)を増やし分散を小さくする効果しかない、早く確実に負ける方法なのである。ムードに押し流されず、自分で自信の持てたレースだけ馬券を買うようにして、読みきれないレースは見送ることも大切です。


【 プロキオンS ワンポイント 】

『3回阪神開催は、土曜メイン2着枠の隣枠が連対』

06/21(土) ストークステークス 
3枠05番マンテンハット 2着

06/22(日) マーメイドステークス G-3
2枠02番ピースオブラヴ 2着

06/28(土) 安芸ステークス
7枠14番グリーンアラモード 2着

06/29(日) 宝塚記念 G-1
6枠09番エイシンデピュティ 1着

07/05(土) ジュライステークス
1枠01番マッチメイト 2着

07/06(日) 米子ステークス
2枠02番マチカネオーラ 2着


『関西重賞レースは、最内・大外馬の馬名共通項がポイント』

05/31(土) 中京 金鯱賞 G-2 17頭立
1枠01番ワンモアチャッター (最内)

8枠15番マンハッタンスカイ 2着

06/15(日) 中京 CBC賞 G-3 18頭立
8枠18番エムエスワールド (大外)

3枠05番スピニングノアール 2着

06/22(日) 阪神 マーメイドステークス G-3 12頭立
1枠01番ブローオブサンダー (最内)

2枠02番ピースオブラヴ 2着

06/29(日) 阪神 宝塚記念 G-1 14頭立
1枠01番インティライミ (最内)
8枠14番エアシェイディ (大外)

6枠09番エイシンデピュティ 1着

天皇賞(春) 

春のG-1の中から、もっとも自信があり、大勝負となった天皇賞を取り上げた。以下は一部始終です。

5月2日金曜日、天皇賞の枠順発表後の友人からの電話であった。『久しぶりです流川さん、調子はどうです?』『元気そうですね遠藤さん、さては何か天皇賞で気がついたんですか?』『流川さん、忘れてないですよね?有馬記念の時に話していたことを… 来年のG-1で必ずやドリームパスポートの隣馬が連対するって言ってたじゃないですか。そのドリームパスポートの隣にメイショウサムソンですよ。しかも同じドリーム馬名に挟まれていることで強力だと思います』『やはり覚えていましたか遠藤さん。私も忘れていませんよ!やはりドリームパスポートがポイントで間違いないでしょう。馬主名セゾンに対してサムソン、6番にアドマイヤメインがいることも偶然ではないはずです。私自身もこの日がくるのを半年も待っていたのですから、天皇賞では大勝負するつもりですよ』… 

この春大切にしていたG-1限定サインの一つ。
『一つ前のG-1で、1着馬の隣の馬名と次のG-1連対馬との関係』

2/24 フェブラリーS
14番デアリングハー
15番ヴァーミリアン 1着

3/30 高松宮記念
03番ブラックバースピン
04番ファイングレイン 1着

4/13 桜花賞
14番ルルパンブルー
15番レジネッタ 1着
16番ブラックエンブレム

4/20 皐月賞
18番ショウナンアルバ
01番タケミカヅチ 2着
02番スマイルジャック

05番レインボーペガサス
06番キャプテントゥーレ 1着

5/04 天皇賞(春)
07番ドリームパスポー
08番メイショウサムソン 2着


『出馬表の配置』

4枠05番トウカイエリート
4枠06番アドマイヤメイン
5枠07番ドリームパスポート
5枠08番メイショウサムソン 2着
6枠09番ドリームパートナー
6枠10番ポップロック
7枠11番トウカイトリック

5月4日天皇賞当日、東京競馬場で朝からメイショウサムソンの単勝と複勝を買い続けた。最大のポイントは、ドリーム馬名、トウカイ馬名、更に、5番7番の馬名ートがあって、9番11番の馬名トリのガードで完璧であった。又、前日メインで同じ8番に武豊がいて、連対しなかったことも心強く感じた。スタートしてすぐ4番ホクトスルタンが先頭にたち、8番メイショウサムソンは中断やや後方で機をうかがっているように思えた。800メートルを切ったとき、メイショウサムソンが絵になる形で上昇し、出遅れたアドマイヤジュピタが並びかける。一旦先頭にたったメイショウサムソンではあったが、アドマイヤジュピタが突き放しゴール。武豊の見事な名演技とも思えた…。残念なことに単勝は紙クズになってしまったが、少しばかりの馬連と、単勝の何倍も購入した複勝で大勝利に終わった。

1着14番アドマイヤジュピタ 単勝580円/複勝190円
2着08番メイショウサムソン 複勝200円
3着13番アサクサキングス 複勝140円

プロローグ 

私の心の中で、それまで確固としてあった競馬観は、『強い馬が勝つ』というものであった。しかし、ある一人の競馬評論家との出会いによって、その観念が砂上の楼閣のごとく音をたてて消え去っていったのである。果たしてそうなのか?…。馬券的中のための理論の正否は簡単で、馬券をその理論に従って購入したとき、結果として的中すれば、その理論は正しいことになる。幸い、それまで競馬に興味がなかった私は、その方の本のすべてを読破し、またたく間にその理論を吸収することができた。そしてこの方法が、今のところ一番的中率が高いと判断したからである。要するに、的中するということは儲かるということ、この一言に尽きる。疑問に感じたらどんな方法論でも必ず確かめるべきだと思う。本物なら良いものだけが残り、自分自身に必ずプラスになるのだから。現在は、その理論を基盤に、一歩一歩独自の理論を確立していこうと努力している。

【 プロフィール 】 流川 楓
岩手県生まれ。
岩手県立高校卒業後、最先端技術研究所入社。製品開発を中心とした開発だけでなく、分析・解析のプロフェッショナルとして活躍。以後、自らの読解力を武器に、出馬表解読に取り組む。
祖父は、国鉄職員の傍ら競争馬の育成に携わる。
叔父は、元中央競馬騎手、現調教師。現役時代には、監督:島耕二、映画『花の大障碍』にて主演川口浩の代役を任せられるほどの名騎手であった。

【 サインとしての出馬表 】
2004年のG-1レースで、私は一つのサインを見つけることができた。それが分かってしまえば時間もほんの数秒もあればすんでしまう。しかし、そういうサインの出し方が勝ち馬のサインだと思っている。これは、実際に私が馬券を買った必勝法である。正確には2004年2005年のG-1レースでスズカマンボが出走してきたなら、隣馬が連対したのだった。

2004年 皐月賞
8枠17番スズカマンボ
8枠18番コスモバルク 2着 複勝150円

2004年 日本ダービー
6枠12番キングカメハメハ 1着 単勝260円/複勝150円
7枠13番スズカマンボ

2004年 菊花賞
2枠04番スズカマンボ
3枠05番ホオキバウェーブ 2着 複勝240円

2005年 天皇賞(秋)
1枠01番ヘヴンリーロマンス 1着 単勝7,580円/複勝1,350円
1枠02番スズカマンボ

2005年 ジャパンカップ
8枠16番ハーツクライ 2着 複勝180円
8枠17番スズカマンボ

2005年 有馬記念
3枠05番スズカマンボ
3枠06番ディープインパクト 2着 複勝120円

もし競馬がコントロールされていなかったら、こんなことはあり得ないだろう。この馬券(2005年)を私は実際に買っていたし、正真正銘のサインであった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。