スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負の「旬」を掴んだものが勝つ 

旬の食べ物は美味しいもの。しかし年々「旬」といわれるものを口にする機会は減ってきてるように思う。果物でも野菜でも魚でも、季節とは無関係に人工の技術でいくらでも作れる環境になってしまった。そのため、「旬」といってもピンとこない人が増えてきてる。けれども「旬」は、実はとても重要な意味を持っている。食べ物の「旬」というのは、魚にしろ、野菜にしろ、その生命力が頂点に達し最高に力を持っている状態を指す。「旬」を逃せば、同じ魚でも野菜でも美味しさは目減りしてしまう。最高にいいネタを使ったお寿司でも、一日も時間を置けばまずくなってしまう。

つまり「旬」とはその瞬間を掴まなければ二度はないということになる。食べ物に限らず、人の付き合いでも仕事も競馬も何でも「旬」はある。過去・現在・未来という時間の流れの中で「今、この瞬間を大切にする」というのが「旬」を掴むということ。この瞬間というのは、いわば現場感覚。現場感覚で生きていれば過去の後悔もムダに浮ついた未来の希望もない。今起きている現状や状態を的確に掴み、済ますという感覚が、勝負の「旬」であるポイントを掴み、勝負の流れを制することに繋がる。

阪神10レース シリウスステークス 的中
14番ワンダースピード 2着 複勝130
馬連10-14 2,010円 ワイド6-14 420円/10-14 630円 枠連5-7 1,360
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://signproject.blog53.fc2.com/tb.php/13-f9222e0a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。