スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G-1を戦い終えて… 

夢・希望、期待を表す言葉は、普通いい意味で捉えられています。しかし、どんな賭けごとにも100%期待通りに行くことは絶対にあり得ない訳で、必ずどこかで「期待は裏切られる」ものです。そうなると裏切られた気持ちで文句をつけたり責めたりします。サイン読みという流れの中では、裏切りではなく変化だと思うことが大切なのではないでしょうか。流れる雲や太陽や月を見て「裏切ったな」と思う人はいません。

勝負というものは、この期待がきわめて入りやすいものなのです。勝負に勝って夢を叶えようとか、希望を叶えようとか、期待が強ければ、自然と勝負の中にそれが出てきます。又、欲があればそれは勝負の雑音になるでしょう。バランスを崩し、よいリズムが生まれず、勝負勘が閃かなくなるものです。耳を澄ますようにして勝負の流れ、細かいあやを瞬時つかんでいくような勝負ができれば理想ですが、期待欲という雑音が混じれば、そんな勝負はとても望めません。

本当に強い勝負ができる人は、余計な欲がないものです。例えばイチロー選手などは、大金持ちになって大きな家に住んで贅沢な暮しを存分にしたいから野球をやっているのでないことが、見てよく分かります。野球が純粋に好きで、野球を通して自分の可能性の限界に全力をあげて挑戦していくことが、イチロー選手の関心事なのでしょう。高い年俸はあくまでも結果に過ぎません。

初めはお金持ちになりたいからといった動機を強く持ってスポーツ選手になっても、次第に欲を入れないよい勝負をするようになって、一流と評価される人もいるでしょう。余計な欲が強い選手は例え技量が優れていても、長続きしないはずです。勝負に勝って見返してやるとか、大金を掴んで女にもてたいとか、そんな枠に収まってしまうほど、勝負の世界は甘いものではありません。本物の勝負は、お金という枠に収めて見るものでもなければ、見栄という枠に収めて見るものではないのかもしれません。同じ会員の中であっても、喜んでもらえた人、不満をぶつける人、この違いはなんでしょう?…。勝負において本当に勝つべき相手は己です。勝負に対してごまかしのない厳しい姿勢を持つ続けることが大切なのでしょう。努力を惜しまず頑張ってください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://signproject.blog53.fc2.com/tb.php/216-392c5a70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。