スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新手法『枠番リンク』のお問い合わせご質問について 

早々お問い合わせやご質問をくださった皆さんありがとうございます。中には某出版会社や中傷メールなどもありましたが、解析した本人だから理解できることも説明不足な部分も多々あったようなので、ご質問内容を答えられる範囲でお話しすることにします。

・この手法は解析ソフトなのですか?
ソフトを必要とするほど困難な手法ではありません。

・誰にでも簡単に使えますか?時間はどれほどかかりますか?
テーブルと12種類のパターン、そして枠連の組み合わせを把握するだけですので、誰にでも簡単に覚えられると思います。時間については、個人差はあるでしょうが、トータル1時間~2時間程度もあれば週末の全レースを調べることができるはずです。

・高配当を狙えますか?
あくまでも導きだされた枠次第ですが、十分狙えます。事例で掲げた3回東京9レースのホンコンJCTで例えるなら、1枠か5枠が狙いとなり、仮に1枠から馬券を組み立てるとすれば、説明にもあるように上位人気馬に繋げると、2着となった7枠は単勝3番人気馬の枠となり、3点目で的中となったわけです。人気で見送り、人気薄で参加と話した意味がここにあります。又、出馬表が出る土日が待ち遠しくも感じ、週末の睡眠不足も解消されることと思います。

・なぜ公表するのですか?価格はどれほどでしょうか?
解析した本人でないとその価値は実感できないものですが、私自身が競馬で儲けるためだけに10ヶ月もの間繰り返しの検証をして作り上げたものです。サイン読みという領域の中で、先駆けて新しい手法を確立できたことは未来にも繋がるものと思います。大々的に公表(諸物)するつもりもありませんし、人数を限定させていただく理由も、真剣に競馬で儲けたいと願ってる方々(会員さんや支えてくれる皆さん)のために少しでも役立てられたらという思いだけです。価格は、一般サラリーマンのお小遣いで購入できる範囲としましたが、決して無理にお勧めする意思はありませんので、何度でも質問しただいて納得できたのなら作戦の一つとして加えてみてはいかがでしょうか。

注意事項
この度、限定販売とさせていただきますが、手法及び購入者の方々を守る意味もあり、お約束事として、今回の販売内容について如何なる理由があろうとも、第三者に漏洩することを禁止させていただきます。これに該当する行為が行われた場合、それに伴う損害賠償の請求を行うことができるものとしますので、ご理解下さい。
 
昔から、出目を笑うものは出目に泣くという言葉があるように、私がサイン読みを始めた頃は、まだ枠番連勝が主でした。既に遠い昔となりますが、1991年の有馬記念が思い出のレースであり、枠番連勝馬券での会心のレースとなったのです。配当は3,750円、14番人気のダイユウサクが1着で、2着には1番人気のメジロマックィーン。当時サイン読みといっても初歩的な研究ばかりだった私が、秋の天皇賞の枠連の決まり目が有馬記念にリンクしていたの信じ、1枠から1-5 1-7の2点だけ購入したのを今でも鮮明に覚えています。思い起こせば、枠番連勝こそ馬券の基本ではないでしょうか…。3連単や3連複といった派手さはなくも、イチロー選手のようにヒットをコツコツ重ねることが馬券に於いても賢いやりかたなのだと思います。
尚、今週末にも購入していただいた方々からメールが届けば、その成果をこちらに報告させていただきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://signproject.blog53.fc2.com/tb.php/45-66fd2ae7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。