スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー卿CT/大阪杯 的中報告 

今週も多くの方々から喜びのメールをいただきありがとうございます。ブロマガの限定サインも含め、ワンポイント作戦で掲げたサインが的を得てるということなのでしょう。個人的には、会員さんへの見解通り、ダービー卿CTの7番ショウワモダンの単/複。そして、大阪杯のドリームジャニーにはまんまと騙されたという感じでした。1着11番テイエムアンコール、2着6番ゴールデンダリアと読み切っていただけに、何とも悔やまれるレースとなったわけです。ドリームジャーニーに多くのサインが重なっていたことはもちろん、藤岡のサインはドリームジャニーに見せかけ11番テイエムアンコール、同じくシェーンヴァルトは反対隣の6番ゴールデンダリア、崩せそうで崩れないアリバイといったところでしょうか。よく教師が試験問題を作るときのセオリーに「思い込みの盲点をつく」という話があるが、出馬表作成者もまた同じだということです。今週から、いよいよ本格的なG-1シーズンです。容疑者はどの馬なのか、頭をフルに使いそのトリックを見破っていきたいと思う。しばらくは、G-1を中心としたワンポイント作戦となると思いますが、参考にしていただけたら嬉しく思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://signproject.blog53.fc2.com/tb.php/79-f8cf295f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。